舞台

舞台

夢物語の舞台はその名の通り“夢”の世界。夢見る人間によって姿を変える、様々な幻想的な夢があなたを待っています。

リトルプラネット

リトルプラネット
少年の夢に見る小さな小さな宇宙。
ロケットやアンテナ付きの研究所は惑星の探索拠点となる。
また未知の世界との交信も行っている。

まほろば駅

まほろば駅
駅と線路で二分された過去と未来の再開発地帯。
まほろば駅に訪れる最終列車は人気のない夜遅くに現れ、夢見る人を夢から夢へといざなうという。
その夢は一体どこへ向かうのだろう。

ナイトホール

ナイトホール
穴の底に広がる夜の公園。
ライトアップされたその公園は何層かに分かれており、子供たちの夢が詰まった魅惑の空間と化している。

私の庭

私の庭
少女の夢見た念願の庭。
とはいえ草木は好き放題に生え、自然のまま。
やっと手に入れた自分だけの庭をどう育てるか、少女の希望に満ちている。

蜘蛛の巣

蜘蛛の巣
巨大なビル群に張り巡らされた電線群。
都市全体から集めた電力により、巨大なネットワークが敷かれている。
空に鎮座する蜘蛛を模した施設から“蜘蛛の巣”と呼ばれている。

桃源郷

桃源郷
誰もが夢見る理想郷。
のどかな風景に包まれ、ゆったりとした時間が流れる。
夢にさすらう旅人の故郷らしいが……。

瓦礫場

瓦礫場
地区を分ける隔壁から落とされる瓦礫の山。
焦げた鉄のにおいが充満し、荒廃が広がっている。
瓦礫屑は時に資源となるため、住人には重宝されている。

白線渡り

白線渡り
白線の上しか歩けない、ノスタルジックな世界。
白線の先には別の夢へのリンクが続いている。
迷路のように入り組んでおり、一人の少女もこの夢に迷い込んだらしい。

ラボラトリ

ラボラトリ
巨大な機械の蜘蛛の内部に築かれた研究所。
ラボラトリは悪夢の住人が徘徊する根城となっている。
大がかりな実験場の内部には夢の謎が隠されている。