夢世界における強さ

本作においても、いわゆるRPGのようなバトルが搭載されています。

戦闘、闘争は人間の本質的な欲求であり、多くのエンターテインメント作品でも取り入れられています。これはいわゆるバトルものでなくとも散見できます。
例えば映画でも、アクションものでなくとも、ラストには主人公と悪役のアクションシーンがドラマを飾ることが多くあるでしょう。

ゲームにおいてもTRPGのような卓上ゲームの時代から、“闘うこと”は魅力的なシステムとして愛されてきました。
しかし一般的に用いられているバトルのルールがそのまま適用されているわけではありません。夢という独特な世界において、どのようなルールが必要か、最も適したバトルの在り方を考察することは当然といえます。

その中で今回はバトルというものを定義するのに必要な、いわゆるステータスについて紹介したいと思います。

物理世界を描く多くのゲームでは力や体力などがステータスとして定義されますが、精神世界である夢世界において、それらの定義をそのまま適用することはできません。そこで私が定義するのは以下の三つの能力値です。

・影響力(Influence)
・精神力(Patience)
・想像力(Creativity)

ゲームが初めての方でも心配することはありません。それぞれの能力を解説いたします。

影響力が高ければ他人に大きく作用することができます。もちろん時には他人を傷つけることもあるでしょう。分かりやすく言い換えれば攻撃力ととらえることができます。

精神力が高い人間は他人からの影響を受けることなく、自己を保つことができます。精神力が高いことは、心に核があることと同義であり、そう簡単に他者に打ち負かされることはありません。一般的なイメージでは防御力といえるでしょう。

想像力があればその場を切り抜ける方法を迅速に見つけることができます。夢の中において想像力が高いほど、相手を追い詰める手段をより多く思いつき、実行することができます。このステータスは素早さのように考えていただければ大丈夫です。

このように夢というテーマにふさわしいステータスが、様々なキャラクターに対して、夢物語では設定されています。これらの値は初めて体験される方でも、決して難しいと思われることはないと思います。

これらのたった三つの値を使ってバトルは描かれますが、夢物語ではバトルを盛り上げ、より戦略的にするために、独特なシステムを構築しています。それが夢リンクシステムです。このシステムについては別の場でご紹介したいと思います。